お茶は口臭対策に効果アリ!? それとも逆効果?

お茶は口臭対策に効果アリ!? それとも逆効果?

「お茶って口臭を防げるって聞いたけど、本当?」

「お茶を飲んでるんだけど、のどが渇いてきた気がする」

「結局、お茶って口臭に効果あるの?」

こんなこと、あなたも思ったことがあるのではないでしょうか? どこかで見聞きした情報って本当かどうか気になりますし、自分の悩んでいる口臭が少しでも改善できるなら実践してみたいと思うはず。

もし、正確な情報を知らないまま間違った方法で実践しているとしたら、あなたの口臭がより悪化する可能性もあります。

今回はそんなあなたのために「口臭対策にお茶は効果があるのか」について解説していきたいと思います!

この記事を読んで、正しいお茶の飲み方を知るとともにあなたの口臭対策に役立ててくださいね!

この記事を書いた人:当サイト管理人denta                       中学生の時から口臭に悩まされており、友人から「うわっ、お前の息臭くね!?」と言われたこともある。

それから口臭改善のために死に物狂いで対策法を探し出し、ついに改善方法を見つけ出す。

その方法を同じ境遇の人にシェアしたいと考え、当サイトを発足。 医療系の会社で勤務する中で得た医療の知識も交えながら、口臭を改善するための方法をわかりやすく解説している。そんなわたしがオススメしている記事はこちら

お茶は口臭対策として効果あり?

お茶は口臭対策として効果はあるのでしょうか?

結論から言うと、お茶を使った口臭対策は効果的です。しかし、ある場合においては口臭を悪化させる原因になり得るため注意してください。

詳しくは下記の「お茶が口臭の原因になる場合も」をチェックしてくださいね。

以下では、口臭対策に効果的であるお茶の成分について解説していきます。

口臭改善に効果的なお茶の成分って?

そもそも、お茶を飲むことによる効果は何があるか知っていますか?

お茶を飲むことによって主に以下の効果が得られます。

  1. 胃腸の働きを促す
  2. 眠気除去
  3. 細胞のガン化を防止
  4. 虫歯防止
  5. 口臭予防
  6. 生活習慣病の予防

お茶を飲むだけでこれだけの効果が得られるのは大きいですよね。

ここからは、口臭対策に効果的なお茶の成分とお茶に含まれているその他の成分について解説します。

口臭を改善するお茶の成分① カテキン

口臭対策に効果的なお茶の成分の1つとして「カテキン」が挙げられます。

カテキンはポリフェノールの1種であり、カテキンの中にも「エピカテキン」エピガロカテキンガレート「エピガロカテキン」「エピカテキンガレート」の4種類が含まれています。

具体的な効果は、口臭予防(脱臭作用)虫歯予防、血中コレステロールの低下、体脂肪低下作用、ガン予防、抗インフルエンザ作用、抗酸化作用、抗菌作用、血糖上昇抑制作用、血圧上昇抑制作用、などが挙げられます。

口臭予防に関しては、カテキンの効果に含まれる抗菌作用によって口腔内(口の中)にある菌の繁殖を防ぎます。

口臭を改善するお茶の成分② クロロフィル

お茶に含まれるクロロフィルという葉緑素植物などの葉緑体に含まれる天然色素があります。

効果は消臭作用整腸効果などが見込まれており、お茶以外にも緑の野菜(ほうれんそう、小松菜など)に含まれていることが多いです。

消臭作用によって口臭を抑え、腸の悪玉菌によって作られる悪臭の成分を分解します。

ですので、クロロフィルも口臭対策にはかなり効果的な成分と言えます。

その他のお茶の成分

ここからはその他のお茶の成分とその効果について簡単に解説していきます。

ビタミン類(緑茶の場合)

お茶に含まれているビタミン類にはそれぞれの効果があり、

ビタミンE:抗酸化作用

ビタミンB₂:皮膚や粘膜の健康維持

ビタミンC:皮膚や粘膜の健康維持、抗酸化作用

β-カロテン:夜間の視力維持

葉酸:神経管閉鎖障害の発症、動脈硬化の予防

がそれぞれ効果として見込めます。

テアニン

テアニンは緑茶のうまみ成分で、主にリラックス作用があると言われており、リラックスできると集中力の持続が見込めます。

事実、太陽化学株式会社で行われた集中力の聴覚・視覚実験によると、比較対象のプラセボ(乳糖)よりも集中力が向上するという結果が出ています。

カフェイン

カフェインには主に

  1. 覚醒作用
  2. 解熱鎮痛作用
  3. 利尿作用
  4. 強心作用

の4つの効果があり、1つ目の覚醒作用による眠気を覚ます効果は有名ですよね。

2つ目の解熱鎮痛作用は頭痛を和らげる効果があり、カフェインの血管を収縮させる効果で、脳の中の血管が拡張することで起きる頭痛を和らげます。

頭痛薬の成分にカフェインが含まれているのはこの効果があるからだそうです。

3つ目は体の余分な水分の排泄を行いやすくし、血圧を下げる効果のある利尿作用があります。

仕組みとしては、以下のようになっています。

カフェインによっておこる血管の収縮→一時的な血圧上昇→腎臓を通る血液の量増加→尿の量増加→血液から余分な水分が減る→血圧降下

しかし、利尿作用によって口臭を引き起こす場合もあるので飲みすぎには注意してくださいね。詳しくは下記の「お茶が口臭の原因になる場合も」をチェックしてくださいね。

4つ目は、強心作用によって心臓の働きを活性化させる効果があります。心臓機能が活性化すると持久力が増加すると言われているそうです。

口臭改善に役立つお茶の種類

ここまで、口臭改善に役立つお茶の成分とその他の成分に関する効果について解説しました。

では、実際どんなお茶が役に立つのでしょうか? ここからは口臭改善に役立つお茶の種類について解説していきます。

口臭改善に役立つお茶の種類① 緑茶

1つ目は、「緑茶」です。緑茶には口臭を予防する豊富な成分が入っているため、口臭改善としては有効です。

口臭改善に役立つお茶の種類② 紅茶

2つ目として紅茶が挙げられます。紅茶にも口臭を予防する成分が入っているため、口臭改善に役立ちます。

しかし、紅茶にミルク、砂糖を入れすぎると逆効果ですので、注意してくださいね。

口臭改善に役立つお茶の種類③ 烏龍茶

最近では、烏龍茶が特定保健飲料として発売されることも多くなりましたよね。

烏龍茶はコレステロール低下作用が注目されがちですが、緑茶、紅茶同様に口臭予防、虫歯予防の効果もあるため、オススメです。

口臭改善に役立つお茶ランキング

ここからは、口臭改善にどんなお茶が効果的なのか、ランキングで紹介したいと思います! 上記で紹介したお茶以外のお茶もあるためチェックしてくださいね!

基準として、カテキンの含有量で紹介します。(含有量が多ければ多いほど、口臭予防につながるため)

以下のグラフを基に上位5位のお茶を紹介していきます。

出典:cha museum(http://museum.ichikawaen.co.jp

/health/catechin.php)

1位 釜炒り茶(中級)

上記のグラフからだと、釜炒り茶(中級)カテキン含有量が1番多いようです。

お茶で口臭予防をしたいという方は、釜炒り茶を試してみると良いかもしれません。

下記の釜炒り茶をクリックするとAmazonの商品紹介ページに飛ぶので気になる方はチェックしてくださいね。

宮崎茶房釜炒り茶(中級) 緑茶100g 

2位 釜炒り茶(上級)

釜炒り茶(上級)は下記がオススメです。

宮崎茶房釜炒り茶(ティーバッグ) 5g×20

3位 煎茶(上級)

煎茶(上級)だと下記がオススメです。

緑茶 深蒸し煎茶 上級 100g

4位 煎茶(中級)

煎茶(中級)だと下記がオススメです。

緑茶 深蒸し煎茶 中級 100g

5位 番茶

番茶は下記がオススメです。

辰岡の赤ちゃん水出し番茶 400g

※上記で記載したオススメのお茶は当メディアとの利害関係は一切なく、私が個人的にオススメしたお茶です。

上記のお茶でなくても、市販のペットボトルのお茶で口臭予防などの効果は得られます。

また、今回はカテキンの含有量を基にしたランキングであり、他にもお茶を選ぶ基準はあるため、どのお茶が効果的かはご自身で確認して頂けると有難いです。

口臭改善のための効果的なお茶の飲み方

ここまで、口臭改善に役立つお茶ランキングを紹介しました。

ここからはどんなときにお茶を飲むと口臭予防に効果的なのかを解説していきたいと思います。

口臭改善のための効果的なお茶の飲み方① 食後

食後は口の中に食べカスが残っているため、菌が繁殖して口臭の原因になります。カテキンが含まれているお茶を飲んで口の中を殺菌して口臭を防止しましょう。

口臭改善のためのお茶の飲み方② 梅干しと一緒に!

実は、梅干しに含まれるクエン酸は代謝を円滑にして、雑菌の繁殖を抑制する効果があるのです。

梅干しにも抗菌作用が含まれており、合わせてお茶を飲むことで強力な口臭予防の効果が期待できます。

また、疲労回復、食欲増進などの効果や二日酔い、風邪、食あたりからの回復にも良いとされているため、梅干しを食べながらお茶を飲むやり方はオススメです。

口臭改善にお茶でのうがいはOK?

「口臭改善にお茶でのうがいってどうなの?」と思う方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、お茶でのうがいは口臭予防の効果があると言われています。

以下に正しいお茶でのうがいのやり方を載せているので、チェックしてくださいね。

1.グシュグシュと口の中をゆすぎます。

(緑茶を口の中に含んで、口の中の汚れや細菌、食べ物カスを洗い流す必要があります。1回でキレイにならなければ数回行う。)

2.緑茶を口に含んで上をむき、声を出しながらガラガラとうがいをして吐き出します

3.水で口の中をすすぎます。

(最後に口の中を水ですすぐことで、口の中のpHを戻して口内環境を保ってあげます。)

出典:【管理栄養士監修】緑茶は口臭予防に効果あり?それとも逆効果?緑茶が口臭に効果を発揮するための正しい飲み方とは(https://felice-kaori.com

/article/18075)

あくまで私の意見ですが、「3.水で口の中をすすぎます」という点はオススメしません。

理由としては水で口の中をすすぐとお茶で取り入れたカテキンも一緒になくなる可能性があるからです。

お茶が口臭の原因になる場合も

ここまで、お茶は口臭改善に役立つことを解説してきました。しかし、お茶が口臭の原因になる場合もあります。

口臭の原因になる理由は「カフェインによる利尿作用」にあります。カフェインの利尿作用で体内の水分を排出してしまい、唾液が減少します。

通常だと唾液の殺菌作用によって口臭が起きないように雑菌の繁殖を抑制するのですが、唾液が減少すると口の中の雑菌が増加しやすくなり口臭の原因になります。

では、どんな場合に口臭が起きやすくなるのでしょうか? 以下にその場合を紹介します。

  1. 口の中がかなり乾燥している場合(緊張しているときなど)
  2. ドライマウスの人の場合
  3. 服薬、疲れなどが原因で口内に異常がある場合
  4. 極端に濃いお茶を飲んだ場合

自分の口臭が気になるあなたなら、口の中が乾燥するのは致命的ですし、緊張しているときはどうしても口の中が乾燥しますよね。

「大事な商談をうまく進めたい」「デートで彼氏/彼女と楽しい時間を過ごしたい」、そんな時に誰しもが口臭で相手を不快な思いにさせたくないはずです。

極端に濃いお茶を飲むのもあまりオススメできません。利尿作用が働き、のどが渇きやすくなります。

お茶を飲んでいればいいというわけではなく、適度な量を摂取することが大切です。

※基本的に適度な量、適切なタイミングで飲んでいれば口臭改善に役立ちます。

お茶以外で良い口臭改善系の飲み物は水!

お茶以外で口臭改善に役立つ飲み物として「水」が挙げられます。水によって口腔内を潤し、唾液の分泌を促すことができます。

また、水には「カフェイン」が含まれていないため利尿作用によって唾液が減少することはありません。

あなたが口臭改善に特化したい場合は「水」をオススメします。

口臭改善以外にも「カフェインを摂取して眠気を覚ましたい」「コレステロールを気にしてる」「リラックスしたい」という方には「お茶」がオススメです。

口臭改善のカギは唾液にアリ~まとめ~

いかがでしたか?

今回は口臭とお茶について解説しました。お茶に含まれるカテキンとクロロフィルによって口臭改善につながるとともに他の成分で「コレステロールの低下」「リラックス作用」「覚醒作用」があるのはうれしいですよね。

一方で、「覚醒作用」をもたらすカフェインは利尿作用もあり、体内の水分を排出しますが場合によっては口臭の原因にもなるので注意してくださいね。

「お茶だと不安」という方は「水」を飲んだ方がいいかもしれません。

今回の記事で分かることは「唾液が十分にあるかどうかで口臭を抑制できるかどうか決まる」ということですね。

日々の人間関係や生活に支障が出ないようにしっかり口臭対策しましょう。

「お茶を飲んでも口臭を改善した感じがしない」という方は口臭治療を行っている歯科医院で口臭測定を受けることをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。