あなたの口臭は虫歯から? その原因と対策を徹底解説!

あなたの口臭は虫歯から? その原因と対策を徹底解説!

「自分に口臭があるのってやっぱり虫歯のせい?」

「昔から虫歯があるからニオってないか心配…」

「ちゃんと歯磨きしてるのに虫歯もあるし、口臭も出てくる…なんで?」

こんなことを思ったことはありませんか?

OLにとっては、仕事や趣味、恋愛も頑張りたいのに、虫歯ができて口臭も気になり始めるとネガティブになりますよね。

そんなあなたのために、今回は虫歯で口臭が出る理由やこれ以上虫歯を出さないための対策なども解説していきます。

この記事を書いた人:当サイト管理人denta

中学生の時から口臭に悩まされており、友人から「うわっ、お前の息臭くね!?」と言われたこともある。

それから口臭改善のために死に物狂いで対策法を探し出し、ついに改善方法を見つけ出す。

その方法を同じ境遇の人にシェアしたいと考え、当サイトを発足。

医療系の会社で勤務する中で得た医療の知識も交えながら、口臭を改善するための方法をわかりやすく解説している。

そんなわたしがオススメしている記事はこちら

虫歯で口臭が出る理由

虫歯で口臭が出る理由は「虫歯になった部分に食べカスや虫歯菌が溜まりやすくなるから」です。

さらに、虫歯が進行して穴が空くと食べ物が溜まり、悪臭を放ちます。虫歯は以下のような流れになります。

虫歯菌が糖分を摂取→酸の発生→歯が溶ける→放置→虫歯

食べた後に放置すると酸が発生し続け、歯を溶かし続けます。これを脱灰と言います。

歯磨きが不十分だと、歯垢や歯石が多く付着し、虫歯菌の住処を作ってしまい虫歯になりやすくなります。

しかし、口の中に唾液という強力な殺菌作用を持つものがあるため、酸を中和して歯を修復します。これを再石灰化と言います。

大切なのは、「脱灰と再石灰化のバランス」だとも言われています。

このバランスが崩れると脱灰し続けて、虫歯になりやすくなります。

虫歯ができやすい場所って?

虫歯ができやすい場所は主に3つで「歯の根元」「銀歯などの詰め物と歯の間」「歯と歯の間」です。

これらの場所は注意して磨きましょう。

虫歯ができやすいのは食事量ではなく、頻度にアリ!

虫歯ができやすいのは食べる量ではありません。虫歯ができやすい人は食べる「頻度」が多いことにあります。

食べた後に歯が溶け始めるのは、約30秒と言われていますが、再石灰化によってそれを防げます。

唾液は2時間かけて溶けた歯を再石灰化してくれます。しかし、2時間以内に食べると歯の再石灰化はできず溶け続けます。

食べる→溶ける→食べる→溶ける→虫歯

このような状態だと歯は溶けやすくなるので注意。

虫歯と歯周病があると口臭は最悪!

虫歯は最初のうちは痛みはなく進行しますが、深刻な状態になると痛みが出てきます。

一方で、歯周病は進行して腫れていても痛みが起きないため非常に危険です。

この2つの症状の口臭は本当に異様な臭いを放つので注意しましょう。

ちなみに、以下に歯周病の記事も載せているのであわせてチェックしてくださいね!

歯周病は口臭の元! 歯周病診断&原因や対策も解説!

虫歯で口臭が出ないようにするための対策

ここまで、虫歯で口臭が出る理由などについて解説しました。

ここでは、「今後、虫歯で口臭が出ないようにするための対策」を解説していきます。

虫歯を出さないためには、虫歯菌という「酸」を極力出さないことが一番大切です。

対策①1日1回以上の歯間ブラシorデンタルフロス

「平成22年国民健康栄養調査」によると、日本人で歯ブラシを使う人が96%であるにもかかわらず、歯間ブラシをしている人は20%、デンタルフロスは12%に過ぎないと言われています。

このことから、「いかに歯間から食べカスなどを除去すること」が虫歯を抑えるかにつながりそうですね。

ちなみに、私がオススメするデンタルフロスはこちらです。

出典:https://www.amazon.co.jp

出典:https://www.amazon.co.jp

この商品は歯科医院専売品なので、品質も市販で販売されている者よりも信用性が高いと考えられます。

商品についてもっと知りたい! という方はこちらへ。

虫歯が少ない国はスウェーデン?

実は、虫歯が少ない国はスウェーデンだそうです。

EURO TRAVELLERによれば、平成23年歯科疾患実態調査と2000年~2010年のSwedih Dental Journalでの結果を比較した結果では予防歯科受診率が日本は2%なのに対し、スウェーデンでは98%。

結果として、80歳平均残存歯数もスウェーデンは25.2本なのに対し日本は8.9本だそうです。

やはり、自力での予防は難しいですし、歯科医院に行った方がよさそうですね。

対策②本気で治したいなら3ヶ月に1回は定期健診へ

ある歯科医師によれば、「年1回では全然足りない、本気で歯を大切にしたいなら3ヶ月に1回は定期健診に行った方がいい」と言っています。

口臭のケアができている人とできていない人の違いはここにあるのかもしれません。いつもスマートに仕事をしている周りの働き女子はやっている、定期健診を。

あなただけかもしれませんよ、さぼっているのは。

【口臭と虫歯】ヤバイと感じたら歯医者へ!【まとめ】

いかがでしたか? 今回は口臭と虫歯に関して解説しました。

私の母がよく虫歯になっていましたが、老後のことを考えると歯がなくなって思うように飲食できなくなるのだけは嫌ですよね。

そうならないためにも、今のうちに定期健診を受けて虫歯があるかどうかをチェックしてもらうことをオススメします。

ちなみに、口臭が気になる方は口臭治療を行っている歯科医院で治療を受けるのもアリですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事内参考資料・文献

デンタルフロスやプラークコントロールについて
(https://www.jstage.jst.go.jp/
article/jacd/34/3/34_231/_pdf/-char/ja

EURO TRAVELLER
(https://dent-sweden.com/
swedish-culture/dailysweden/oral-care)